がん免疫療法が有効のようです

がん免疫療法

皆さんが、思いつくがん治療は、どのような治療でしょうか。
1 外科手術
2 化学(抗がん剤などの薬物)療法
3 放射線療法
多くの方が、上の三つの療法を思いつくと思います。

三つの療法の簡単な説明と、問題点を挙げるとすると、
1 外科手術
・早期や、ある程度の癌なら切除することができる。
問題点は、
・ 手術跡や、全身の回復に時間が掛かる。
・ 小さな転移や、手術不能な場所にできた癌では、手術することはできない。
2 化学(抗がん剤などの薬物)療法
・抗がん剤の投与によって、癌細胞を死滅させたり、増殖を抑制したりする。
問題点は、
・ 健康な細胞にも、影響が出るので、吐き気や白血球の減少などの副作用が出ることがある。
・ 癌の種類によっては、抗がん剤の効果が出にくい。
3 放射線療法
・癌細胞に、体の外部などから、放射線を照射し、死滅させる。
問題点は、
・ 疲労感、食欲不振、皮膚のかゆみ、脱毛などの副作用が、起きることがある。

以上の、三大療法以外に、新日本橋石井クリニックさんで、行っているのが、免疫細胞療法(ANK免疫細胞療法)という、免疫療法です。
この療法は、
1 患者さんの血液中のリンパ球を採取し、その中の、NK(ナチュラルキラー)細胞を増殖、活性化する。
2 そのNK細胞を、点滴で患者さんの体内に戻す。
3 戻されたNK細胞が、癌細胞を攻撃して、死滅させる。
という療法です。
このNK細胞は、元から、人間の体内に存在している細胞なので、副作用が出ることが無いそうです。
癌の治療が必要な方がいるなら、新日本橋石井クリニックさんの(ANK免疫細胞療法)も考えてみたらいかがでしょうか。

投稿日: