がん治療で標準治療と先端医療の組み合わた方が完治にはベストです

がん治療

皆さん、標準治療と、先端医療の組み合わせのご提案と聞いて、セカンドオピニオンと、どう違うのかと、思うでしょう。
説明しますと、
・ セカンドオピニオン 
標準治療(外科手術や放射線療法、抗がん剤治療)の専門医が、その時のがん治療に対して、標準治療の範囲内で、どのような治療が適切か判断する。
そのため、延命を目的とした治療と、なりがちである。
・ 標準治療と先端医療の組み合わせのご提案
標準治療と、先端医療を組み合わせる(集学的治療)で、延命だけではなく、がんの完治を目指す。
患者さん自身が、どんな治療方法を組み合わせて決めるのかを、手助けをする。
と、いうことです。

この、標準治療と先端医療の組み合わせのご提案をしている施設が、がん治療設計の窓口さんです。
こちらでは、従来の標準治療のほかに、様々な、先端医療を紹介してくれます。
どんな先端医療があるかと、例をあげますと、
1 ロボット手術
従来の外科手術と似ているが、最新の手術支援ロボットを使用する。
従来の外科手術では無理だった、角度での視野が確保できるのと、精密なメスなどの動作が可能である。
・ 術中の傷口が小さいので、出血量が少ない。
・ 術後の疼痛が少なかったり、回復が早かったりする。
・ 身体機能の温存性が向上。
2 免疫療法
体内のリンパ球の中に存在している、NK細胞を活性化して、それによって癌細胞を攻撃して破壊する。
・ 人間が元から備わっている物を利用するので、副作用が無い。
などの、先端医療があるそうです。

そんな先端医療と、標準治療の組み合わせを、がん治療設計の窓口さんは、患者さんごとに合わせた提案をしてくれます。
これなら、自分にあった治療方法で、癌の完治を目指すことができそうですね。

投稿日: